RISCO CONNECTIONS - AIN'T NO STOPPING US NOW
(1979 / Black Rose Music ‎– JIH-1001 / US / 12")

ジャマイカのプロデューサーJoe Issacsが率いるレゲエ・ディスコ・ユニットRisco ConnectionsによるMcFadden & Whiteheadの名曲"Ain't No Stopping Us Now"をトロピカルに再演した素晴らしいカバー作品。 今やロフト・クラシックスの代名詞と知られ、ロフトの拘り抜いたサウンドシステムを最大限に活かす事ができる心地よいグルーブと響きで今なお愛され続けて止まない永遠のロフト・クラシックス。世に出回っているブート盤は音の鳴りがチープで物足りないので是非この機会に少し値は張りますがオリジナル盤で聴いてみてください。

♪LISTEN



 
 
AMERICAN STEEL - I.R.T.
(Blue Collar Records ‎– DSM-922 / ? / US / 12")

謎のバンドAmerican Steelによる、その名の通りスティール・パンを全面的にフィーチャーしたアフロ・カリビアン・ディスコ12インチ。スティール・パン特有の涼しげなアンサンブルとファンキーなリズムが溶け合わさったクールで熱いスティール・パン好き必聴の一枚。



 
 
RALPH MACDONALD - THE PATH PART II & III
(1978 / T.K. Disco ‎– 80 / US / 12")

クラシック・ブレイク"Jam On The Groove"で有名なパーカッショニストRalph MacDonaldによる76年リリースのアルバムのA面に収録された17:15にも及ぶ大作"Path"の"Part I" "II" "III" より "II" と "III" を抜粋したプロモ12インチ・シングル。最近ではリエディットもされ再評価が著しい"Part II"はロフト・クラシックスとしても知られ、キラー・カリビアン・ディスコと評されるレアな一枚。

♪LISTEN



 
 
JOHN GIBBS WITH THE JAM BAND - J' OUVERT
(1979 / TEC Records ‎– 61 / US / 12")

心地の良いスティール・パンの演奏が魅力のミッドテンポなトロピカル・ディスコ "J' Ouvert"。"Trinidad" で有名なJhon Gibbsのアナザークラシック。78年にリリースされDavid MancusoやDaniel Baldeliがプレイすることでも御馴染みの1曲。

♪LISTEN



 
 
JOHN GIBBS AND U.S. STEEL ORCHESTRA - TRINIDAD
(1978 / Jumbo Caribbean Disco ‎– JCD 10029 / US / 12")

スティール・ドラムをフィーチャーしたガラージ・クラシックスとしても有名なカリビアン・ディスコ名盤。スティール・パンの軽快に奏でる流れる様なメロディーが特徴的で、ヘヴィーなベースとストリングスが絶妙に絡む素晴らしい作品。

♪LISTEN





 
 
DISCO DUB BAND - FOR THE LOVE OF MONEY
(1979 / Downstairs Records Inc. East West ‎– 221-8989 / 7" / US)

79年にリリースされた Disco Dub Band による O' Jays のカバー "For The Love OF Money" 。 Cymande の "Bra" に良く似たベースラインが特徴的で、スリージーでありながらグイグイと突き進むドラムの上で程良くダブ処理された怪しげなサックスの響きにアンダーグラウンド感を感じます。

♪LISTEN



 

CLEAVAGE

04/28/2013

0 Comments

 
CLEAVAGE - BARAH
(1987 /
Studio Records ‎– STU-1011 / 12" / US)

ファンク・バンド Cymande "Bra" のベース・ラインをシンプルにループさせ、ローテク・ローファイ機材特有のザラついた音を奏でる当時のドラム・マシンが上手くグルーヴに反映された作品。また、Larry Levan, DJ Harvey ...その他数多くの著名DJにプレイされたシカゴ / アシッド・ハウス・クラシックス。

♪LISTEN



 
 
THE COACHOUSE RHYTHM SECTION - TIME WARP
(1977 / ICE ‎– GUYANA 3-12 / UK / 12")

Produced by Eddy Grant and performed by the in-house band of his Coach House recording studio, side B's groundbreaking instrumental 'Time Warp' is the absolute must-have here. This deep and minimal track takes you on weird reggae-tinged psychedelic disco journey and is hailed as a seminal early proto-house classic popular in Chicago as well as being huge in NY at Mancuso's Loft, Paradise Garage etc. With its unmistakable falsetto riff, tweaky synths and a walloping bassline, this truly is a timeless electronic weapon. Side A's 'Nobody's Got Time' is more of the same but layered with Eddy's great gravelly soulful Caribbean vocals - super funky.

こちらはEddy Grantのカバー作品であまり見かけることがない"Ice / Guyana"からリリースされたThe Coachouse Rhythm Section名義のTime Warp。"Portrait"からリリースされているEddy Grant名義のTime Warpも実はThe Coachouse Rhythm Sectionの手によるもの。今尚サンプリングされ続け、皆から愛され続けて止まない"Loft / Garage" クラシックス。


♪LISTEN



 

AZOTO

03/31/2013

0 Comments

 
AZOTO - SAN SALVADOR
(1980 / Rams Horn Records ‎– RAMSH 12.3008 / Netherlands)

This is one of my favorite italo records. It was released on Vedette Records in 1979 with subsequent releases on Rams Horn and 1981 re-releases on Carrere and CNR. Azoto was first known as "Lucrethia And The Azoto 14,008." Azoto was produced by Celso Valli, who produced and arranged many italo classics such as personal favorites: Self Control by RAF and Walking in the Neon by Peter Richard.

Five cut from second album "Fizz" has no fewer than four classic italo tracks. All the tracks except Exalt, Exalt share a space disco meets traditional folk music sound that is a magical combination. San Salvador warps Bee Gees-esque falceto, protohouse piano, and gypsy folk into a peak hour disco masterpeice. Exalt, Exalt is just simply brilliant with a dark minimal sound and perfectly placed accents. The tune was way ahead of its time and set the stage for mid 80's italo electro.

Macho、PassengersやTantraを手掛けたイタロ・ディスコ・プロデューサーCelso Valliが手掛けたイタロ最高傑作アルバム"Disco Fizz"からのシングル・カット"San Salvador"。1979年に"Vedette Records”よりリリースされたイタリア盤に続きこちらは1980年に"Rams Horn Records"よりリリースされたオランダ盤。ラテン・グルーヴにBee Gees-esqueのファルセットが上手くマッチした高揚感溢れる極上イタロ・ディスコ・チューン。その他同アルバム"Disco Fizz"からカットされたコズミックなシンセ使いが素晴らしい"Exalt, Exalt"、そしてDJ Harveyがプレイで注目を浴びた"Anytime Or Place"もオススメ。

LISTEN "San Salvador"

♪LISTEN "Exalt, Exalt"

♪LISTEN "Anytime Or Place"




 

    MY TOP 10
    JANUARY 2014

    01. Ras - Pandreas / Martin Andal / Boka / AdmireKenan (Maksimal Norway)

    02. Incredible Adventures In Khazar Khaganate - Simple Simmetry (Glenview US)

    03. Lanus - Niccolo Cupo (Panta Rhei)

    04. Yes I Can't - Al Kent (Lumberjacks In Hell)

    05. With You - Mind Fare Presents Charm (Rogue Cat Sounds)

    06. House of 12 - Deep88 / USR / Melchior Sultana / Dario Damerini (12 Germany)

    07. Emile Strunz & Iron Blu EP - Emile Strunz / Iron Blue (Vivod)

    08. Dream House Volume 1.4 - Heko / Lock Eyes / Marius Varied / Gnork (Blind Jacks Journey)

    09. KZA Remixed - The Revenge / Fernand (Endless Flight)

    10. Rytmenarkotisk - Dj Fett Burger / Telephones (Sex Tags UFO Norway)


    TWITTER


    ARCHIVES

    November 2013
    August 2013
    June 2013
    May 2013
    April 2013
    March 2013
    February 2013
    January 2013
    December 2012
    November 2012
    October 2012